上の湯温泉 銀婚湯 宿泊レポ その1 お部屋編 ★★★★

銀婚湯211

最終更新日 2015/9/4 訪問日 2014/9月上旬

【上の湯温泉 銀婚湯】基本情報

かみのゆおんせん ぎんこんゆ

住所:〒049-2566 北海道二海郡八雲町上の湯199
TEL:0137-62-2111
公式サイト日本秘湯を守る会宿紹介ページ

【宿泊料金】

1泊2食付10,000円~19,000円 お一人様〇 素泊まり× 湯治対応× 自炊×
1泊朝食付・1泊夕食付プランあり 旧館はトイレ・洗面台共同

口コミ総合評価:じゃらん4.6点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆日本秘湯を守る会のファン
◆外湯を湯めぐりできる宿が良い
◆北海道でも有数の風情のある宿が好き


[スポンサーリンク]








→「銀婚湯」のお食事情報はその2お食事編へ 

→「銀婚湯」の温泉情報はその3お風呂編へ 

 

【日帰り入浴】

営業時間:12:00~16:00(退館)
料金:大人700円 小人350円
*日帰り利用は館内大浴場のみ
不定休

アクセス

◆車
道央道「落部IC」から15キロ。函館からは約65キロ(約1時間半)、札幌から約210キロ(中山峠経由で4時間前後)
ドラぷら
◆電車
JR函館本線「落部駅」下車、タクシーで14分、宿泊客は駅から送迎あり(要予約)
JR八雲駅から車で28キロ(約35分)
Yahoo!路線情報
◆高速バス
都市間バス 函館長万部路線「落部駅前」下車、タクシーで14分。
楽天トラベル高速バス予約簡単予約&決済 バスぷらざ

地図

【上の湯温泉 銀婚湯 宿泊レポ その1 お部屋編】

 

上の湯温泉(かみのゆおんせん)「銀婚湯」(ぎんこんゆ)は、

北海道の道南、渡島半島の中ほど内海湾側にある日本秘湯を守る会の会員宿です。

 

函館から車で1時間半、札幌からは4時間かかり、

周辺にはとりたてて有名な観光スポットもないため、

道民以外にはなかなか敷居の高い温泉宿です。

 

でも、宿の風情やお風呂の多様さ、食事のおいしさ、

コストパフォーマンスはかなりのもので、

この宿に宿泊するためだけに北海道に訪れる人がいるといっても過言ではありません。

 

北海道に行って「日本秘湯を守る会」の温泉巡りをしているというと、

「銀婚湯?」と聞かれるくらい、道内では超有名な宿です。

最近購入した、北海道の温泉ファンが選ぶ憧れの宿第2位にランクインしていました。

 

今回は、青森県の下北半島から車ごとフェリーで函館入りし、

銀婚湯に宿泊!と意気込んでやってきました。

銀婚湯195

道央道「落部IC」を降りて道道67号線を山の方面に向かいます。

銀婚湯196

ほどなくして、交差点の目立つところに「旅館銀婚湯10キロ」の案内板がありました。

看板からすでに風情が漂っている^^

銀婚湯194

もうすぐお米の収穫の季節です。田んぼの稲穂が鮮やか。

銀婚湯235

そのまま道なりに進むと銀婚湯の庭園入口がありました。

入口からして別世界な雰囲気。

銀婚湯236

車のまま入っていいのかな?と思う石畳の通路。

京都のお寺に迷い込んだかのような佇まいです。

門の左側に駐車場がありました。

銀婚湯136

門の横には銀婚湯の縁起が書かれています。

銀婚湯139

駐車場の横には神社が。

銀婚湯142

向かいには御神木のような立派な大木。

銀婚湯237

玄関脇には手水石。

今風の取ってつけたようななんちゃって和風庭園ではなく、

昔のお金持ちが贅を尽くした本物の日本庭園という感じです。

銀婚湯193

銀婚湯の入口

外観は庭園に比べると少し庶民的でやや古い民芸調の2階建てです。

銀婚湯207

玄関

ガラス戸が歴史を感じさせます。

 

今回は、旧館(トイレ・洗面台共同)の一人泊プランで、12,000円でした。

本館の方は今どきの立派な温泉旅館ですが、旧館の方はレトロ好きな方におススメです。

 

旧館の客室の廊下を撮り忘れましたが、

客室の入口は障子のない格子戸+襖の二重扉になっています。

銀婚湯208

お部屋は8畳間に

銀婚湯211

2畳ほどの広縁あり。

玄関の真上の部屋でした。

銀婚湯213

お茶セット

銀婚湯212

お茶請けは甘いお煎餅

銀婚湯210

浴衣セットとタオルセット

アメニティは歯ブラシ、かみそり、足袋靴下、

銀婚湯217

北海道の秘湯の会ではおなじみ。「癒しの丁子染」のタオル、ネーム入り。

銀婚湯209

テレビ、扇風機、電話、ティッシュあり。

銀婚湯239

共用トイレは大浴場に向かう途中にあり、ウォシュレットでした。

銀婚湯218

部屋の向かいにはステンレス張りの湯治場風の流し台がありました。

旧館は古いですが、掃除が行き届いており、不快感は全くありませんでした。

銀婚湯57

お布団を敷いたところ。

 

【銀婚湯 お部屋の感想】

旧館の部屋は、北海道らしからぬレトロな和風旅館の雰囲気で、

とても気に入りました。

あえて例えれば、「法師温泉 長寿館」のような感じです。

トイレは共同ですが、廊下もギシギシ言わず、

夜歩いてもそれほど迷惑な感じでもないので、

共同トイレでも不便はありませんでした。

 

夕食は部屋食、お風呂も一日では回りきれないほどたくさんあり、

お部屋もそこそこ広いので、本当にこの値段でいいんですか?

と聞きたくなるほどでした。

 

ただ、一部、女性従業員の接客が老舗旅館らしからぬ対応だったので、

その辺が宿の雰囲気にそぐわないかなという気がしました。

ご主人はとても良かったのですが。

 

部屋の広さ ★★★★4.3

設備 ★★★3.8

アメニティ★★★★4.0

宿の雰囲気 ★★★★4.5

接客サービス ★★★★4.3

 

上の湯温泉 銀婚湯 宿泊予約サイト
公式サイト 日本秘湯を守る会

お問合せ
銀婚湯 TEL:0137-67-3111

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

→「銀婚湯」宿泊レポ その2 お食事編

→「銀婚湯」宿泊レポ その3お風呂編

 

【北海道 道南の温泉 関連記事】

八雲町 盤石温泉 盤石山荘 日帰り入浴

八雲町 八雲温泉 おぼこ荘 日帰り入浴

八雲町 八雲温泉 八雲遊楽亭 日帰り入浴

八雲町 桜野温泉 熊嶺荘 日帰り入浴

八雲町 見市温泉 見市温泉旅館 日帰り入浴

八雲町 平田内温泉 露天風呂 熊の湯(野湯)

八雲町 平田内温泉 熊石ひらたない荘 あわびの湯 日帰り入浴

ブログ掲載 道南の秘湯レポート

北海道の秘湯 一人旅


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 入湯履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 4,032 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です