寒の地獄温泉 寒の地獄旅館 宿泊3 お風呂編

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%898

大分県九重町にある「寒の地獄温泉」の入浴レポートです。

【寒の地獄温泉 寒の地獄旅館】温泉情報

かんのじごくおんせん かんのじごくりょかん

◆お風呂

男女別内湯各2(加温風呂・冷泉)、貸切風呂4
混浴冷泉2(要水着着用、7月~9月末限定)

◆利用時間

大浴場・家族風呂6:00~23:00
冷泉:8:30~18:30

「寒の地獄旅館」温泉の口コミ評価:楽天トラベル4.8点、じゃらん4.8点/5.0点

【寒の地獄温泉の特徴】

◆硫黄臭のする冷鉱泉
◆内湯では加温浴槽と源泉浴槽の交互浴ができる
◆夏季限定で13度の冷泉にチャレンジ→入浴後はストーブへ直行


[スポンサーリンク]








「寒の地獄旅館」の基本情報はその1お部屋編へ

「寒の地獄旅館」のお食事情報はその2 2016お食事編へ

→「寒の地獄旅館」2014年のお食事情報はこちら

 

【日帰り入浴】

一般浴槽金曜日~火曜日
営業時間:10:00~14:00(13:00最終受付)
料金: 一般浴場 大人700円 小人400円 貸切風呂2,000円/室(50分)
*休憩室あり。昼食・夕食対応可(要予約)

冷泉浴槽 7/1~9/30までの木曜日~火曜日
営業時間9:00~17:00(16:00最終受付)
料金:1時間700円 2時間1,000円 4時間(半日)1,500円 8時間(1日)2,000円

冷泉お持ち帰り可能
鉱泉代1L 50円  容器代 2L用 200円、10L用 700円、20L用 1,000円
(代引きで全国配送可 料金別途)

 

【冷泉にチャレンジ! 寒の地獄旅館 宿泊レポ その3 お風呂編】

 

「寒の地獄温泉」は江戸時代から伝わる冷泉に浸かった後に暖を取るという入浴方法があります。

 

「寒の地獄旅館」のお風呂は、

  • 13~14度の冷泉(7~9月限定)
  • 男女別大浴場 (冷泉浴槽あり)
  • 4つの貸切風呂

があります。

 

「寒の地獄旅館」には2回宿泊していますが、

2014年は6月だったので、まだ冷泉の営業前で見学だけでした。

 

冷泉シーズン前でも大浴場に小さな源泉の浴槽があるので、お試し気分で冷泉を楽しめます。

でも、やっぱりドバドバかけ流しの冷泉に浸かってストーブに直行してみたい!

ということで、今回は8月下旬に冷泉を目当てに再訪しました。

 

標高1,200mの宿なので、夏でもクーラー要らずの涼しい場所ですが、

訪問したのは大雨の日だったので、

8月にもかかわらず気温は20度前後と夜は毛布が必要なくらい寒かったです。

 

そんな中で13度の冷泉・・・

気合を入れてチャレンジです(^o^)

 

【寒の地獄旅館 夏期限定の冷泉】

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%8996

「冷泉(霊泉)」はフロントのある建物の裏手にあります。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%8995%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%8924

日帰りの場合には中庭から入りますが、

宿泊の場合には1階ロビー裏の通路に簡易な男性用脱衣所と入口があります。

日帰りの場合には冷泉入口の看板横にコインロッカーがあります。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%892

フロントでは冷泉用のトランクスの販売と水着レンタルもあります。

男性用トランクス販売200円、女性用レンタル300円

水着がなければTシャツや短パンで肌が隠れるものでもOKだそうです。

オープンな混浴なので、バスタオル巻はダメみたいです。

 

私はビキニの水着の上に湯浴み着を着て入りました。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%8926

チェックイン時には入浴方法の案内をもらえます。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%8925

脱衣所に掲示されている入浴方法の案内。

 

はじめは刺すような冷たさでも3分我慢すれば慣れるので、

5分~20分浸かり、入浴の倍の時間をストーブの前で暖を取ります。

温かい温泉では暖まりきれず、せかっくの成分を落とさないためにそのまま乾かすのがポイントだそうです。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%8921

霊泉の湯小屋に入ると、すぐ手前には飲泉所があります。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%895%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%896

霊泉の浴槽とは別の源泉だそうで、飲用では胃腸に効くそうです。

 

浴室内には強めのたまご臭が漂っていますが、

飲んでみると意外とスッキリしていて、それほど硫黄の味は強くありません。

個人的には、硫黄泉を飲むとお腹が緩くなるので便秘には効くと思います^^

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%8912%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%8910

飲泉所の奥には中央に壁があり、左右に2つの長方形の浴槽があります。

15人~20人ほど入れる大きさです。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%899

石の間からプクプク泡が上がっていて、足元湧出が確認できます。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%8919

オーバーフローしている浴槽の縁を歩くだけで、

雪解け水ですか?っていうくらい、足がしびれるほど冷たいんですが・・・。

 

「寒の地獄温泉」 自家源泉 自然湧出 源泉温度14度 湧出量2160L/分
泉質:単純硫黄冷鉱泉 (低張性弱アルカリ性冷鉱泉) ph4.6

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%89113

温泉分析書の掲示には、13度~14度とありますが、数値だけでは想像つきませんね。

公衆浴場にあるサウナの横の水風呂が18度くらいなので、あれより相当冷たいということです。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%8918

仏様の横には、「耐え忍ぶ 力を示せ 此の地獄~」

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%897

浴槽の壁には「冷泉行進曲」

5番まで歌いきるまで入っていろということなのかな^^

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%8929

それでは準備して、いざ着水!

入口には手すりがあり、ブロックが積まれていて階段になっています。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%8928

足をちゃぽんとつけてみましたが、

ギャー、無理ー(@_@;)

これだけで悲鳴をあげたくなるほど冷たいです!

 

膝上までが限界。首まで浸かって20分?無理、無理。

 

冷たいのはもちろんなのですが、

温泉の成分のせいで、毛穴ひとつひとつをアブに刺されたかのようなチクッとする痛さがあります。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%8911

そういえば、飲泉所に子供用のビニールプールがあったのを思い出し、

ちょっとこちらで練習。

源泉が違うからなのか、こちらは腰までイケる。

 

冷たさに慣れたところで、もう一度チャレンジ。

せっかくなので、セルフタイマーで証拠写真も残しておかなければ。

これがモチベーションになり、一気に浸かることができました!(^^)!

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%8930

撮影のために30秒入っては出るのを30分ほど繰り返していたら、

そのうちに寒さと痛さは感じなくなりました。

最初は辛いけれど、慣れると超楽しいです!

 

入浴後はストーブ前に直行して、入浴の倍の時間だけ暖を取らなければならないということでしたが、

中にはおじさんが数人いて、水着のまま一人で入って行く度胸はなく、

しばらく冷泉に入ったり出たりしていました。

 

じーっと浸かっていなければ、あまり震える寒さまでは行かなかったです。

でも、20分間もずーっと入っているのは無理でした。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%8916

向かいにあるストーブ部屋。

2つあるうちの右だけ作動中でした。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%8915

ストーブ部屋の内部。

入浴後はぬれた水着とタオルをロープに吊るして乾かします。

 

壁には陸上選手たちの落書きだらけ^^

 

やまなみハイウェイはマラソンに最適な練習コースがあるので、

寒の地獄旅館は陸上部の合宿によく使われています。

冷泉に浸かると筋肉疲労が残りにくいのだとか。

 

登山の後だと効き目が良く分かるかもしれません。

 

以上、冷たさの後は解放感と爽快感で病み付きになる冷泉でした。

 

【寒の地獄旅館 大浴場「互久楽湯」と家族風呂】

続いて、中庭の向かいにある大浴場「互久楽湯」(ごくらくゆ)と家族風呂です。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%898%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8912

 

フロントの建物を出て中庭の向かいにあります。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8913%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%89154

通路の手前に男女別大浴場があります。

 

チェックイン時は、手前が女湯、奥が男湯。

利用時間は23:00までで、翌朝6:00に入替になります。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%892

女湯「おなごし」は桧の浴槽です。

 

大きな浴槽は熱交換による加温浴槽で、6~8人サイズ。

中央に仕切りがあり、湯口付近は43度強、手前は42度弱でした。

 

左の小さな浴槽は、「冷泉」です。

冬場でもちょっとだけ「冷泉」を楽しめて、すぐに隣で温かいお風呂に入って交互浴ができるので、

「寒の地獄」ではなく、「互久楽湯」(ごくらくゆ)と命名されているのですね。

 

加温風呂と冷泉を3分~5分往ったり来たりを繰り返すと

皮膚病全般、神経痛、リュウマチその他に効能があると言われています。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8928

翌朝入れ替わった男湯「おとこし」は、石切り風呂でした。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8933

霊泉の浴槽には「ちょっとぬるめの冷泉」と書いてありますが、

それでも14度くらいで、初めて入った時には心臓をカバーしながらようやく入れたほど冷たかったです。

 

加温浴槽は無色透明、ほぼ無臭。

冷泉の方はやや白濁していてたまご臭があります。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8931

洗い場には「秘湯シャンプーくまざさ」セットと椿のシャンプーセットが置いてありました。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%891%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8927

大浴場の脱衣所とレトロな貴重品ボックス。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%896%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%897

アメニティ(コーム&シャワーキャップ)と冷泉を使用した化粧水。

 

続いて家族風呂・貸切風呂へ。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8914

貸切風呂は以前から、「切石湯」、「岩湯」、「檜風呂」の3つがありましたが、

今回は新たに「五右衛門風呂」が追加されていました。

 

宿泊者は基本的に無料ですが(プランによる)、日帰り利用は1室1回50分2,00円です。

(宿泊者限定と明記されている「五右衛門風呂」を除く)

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8916

以前は家族風呂の鍵をフロントで借りるというシステムでしたが、

今回は鍵はかかっておらず、表の札が「空室」であれば、札を裏返して利用できました。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8922

「岩湯」1~2人サイズ。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8936

「切石湯」 1~2人サイズ。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8924

「桧湯」 1~2人サイズ。

2014年に訪問した時には工事中でしたが、浴槽が新しくなったようです。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8921%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8925

家族風呂の脱衣所と洗い場一例。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8915

そして、2016年の夏に初登場!

宿泊者専用 仮説五右衛門風呂「足らずの湯」が夏期限定でオープンしました。

7月中に工事につき訳ありプランが出ていたのは、この「足らずの湯」を作っていたからなのですね。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e6%b8%a9%e6%b3%8917

中には1人サイズのうっすらと白濁した五右衛門風呂が2つ仲良く並んでいました。

ご主人の手作りだそうです。

%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%894%e5%af%92%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%8d%84%e6%b8%a9%e6%b3%892016-%e5%86%b7%e6%b3%893

日帰り入浴はこの通りになっています。

営業時間中も清掃などで臨時休業する場合もありますので、

事前に電話で問い合わせておいた方が無難です。

 

【寒の地獄温泉 温泉情報】

◆源泉

自家源泉 自然湧出 源泉温度14度 湧出量2160L/分
泉質:単純硫黄冷鉱泉 (低張性弱アルカリ性冷鉱泉) ph4.3 飲泉可能
態様:冷泉は源泉掛け流し、加水加温なし、塩素消毒なし、他は加温あり
適応症:水虫・田虫・皮膚病一切・慢性関節リューマチ・神経痛・神経炎・胃腸病・糖尿病・婦人病疾患一切・慢性金属中毒症・感冒予防・喘息 (浴用)、慢性筋肉リューマチ・慢性関節・リューマチ・痛風・神経麻痺・気管支カタル・常習便秘(飲用)

 

寒の地獄温泉 寒の地獄旅館 宿泊予約サイト

お問合せ 寒の地獄旅館 TEL:0973-79-2124

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

 

*一般の旅行代理店予約サイトでは、るるぶトラベル「日本秘湯を守る会公式プラン」を除きスタンプ押印サービスは適用されません。

 

→「寒の地獄旅館」 宿泊レポ お部屋編

→「寒の地獄旅館」 宿泊レポ2016 お食事編

→「寒の地獄旅館」 宿泊レポ2014 お食事編

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。



【寒の地獄周辺の関連記事】

九重町 星生温泉 九重星生ホテル 日帰り入浴

九重町 長者原駐車場から法華院山荘まで道のり(登山)

竹田市 法華院温泉 法華院山荘 宿泊

九重町 やまなみ牧場 まきば温泉館 偵察

九重町 筋湯温泉 山あいの宿 喜安屋 日帰り入浴

九重町 筋湯温泉 筋湯うたせ大浴場

九重町 筌の口温泉 新清館 日帰り入浴

九重町 筌の口温泉 共同浴場

九重町 筌の口温泉 山里の湯 日帰り入浴

九重町 九酔渓温泉 二匹の鬼 日帰り入浴

九重町 壁湯温泉 福元屋 宿泊

九重町 壁湯温泉 共同浴場

竹田市 赤川温泉 赤川荘 日帰り入浴

竹田市 赤川温泉 国民宿舎 久住高原荘 日帰り入浴

竹田市 久住温泉 ザ・ガンジーホテル&リゾート 宿泊

竹田市 七里田温泉 七里田温泉館 下湯(らむねの湯)日帰り入浴

竹田市 長湯温泉 ラムネ温泉館 日帰り入浴

竹田市 長湯温泉 ガニ湯 日帰り入浴

竹田温泉 長湯温泉街 ガニ湯本舗 天風庵 ランチ

竹田市 長湯温泉 郷の湯旅館 日帰り入浴

竹田市 長湯温泉 水神之森 日帰り入浴

産山村 産山温泉 奥阿蘇の宿 やまなみ 宿泊

南小国町 満願寺温泉 川湯(共同浴場)

南小国町 黒川温泉 新明館 日帰り入浴

南小国町 黒川温泉 旅館山河 宿泊

南小国町 黒川温泉 旅館こうの湯 日帰り入浴

南小国町 黒川温泉 旅館美里 日帰り入浴

大分県の「日本秘湯を守る会」の会員宿

ブログ掲載 大分県の秘湯レポート

「九州温泉道 88湯」対象施設の記事一覧

夏にぬる湯♪冷た~い全国のぬる湯の名湯16選+α


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 2,465 人です, 本日の訪問者は3 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です