川俣温泉 川俣一柳閣 日帰り入浴 ★★+

川俣一柳閣48

栃木県日光市にある川俣温泉「川俣一柳閣」の入浴レポートです。

最終更新日 2015/3/28 訪問日 2014/7月上旬

【川俣温泉 川俣一柳閣 】基本情報

かわまたおんせん かわまたいちりゅうかく

住所:〒321-2717 栃木県日光市川俣40−3
TEL:0288-96-0111
公式サイト日本秘湯を守る会宿紹介ページ

【宿泊料金】

1泊2食付 9,000円~24,840円 お一人様〇 素泊まり× 湯治対応× 自炊×

川俣一柳閣 口コミ総合評価:じゃらん4.0点/5.0点

【こんな人におススメ】

◆日本秘湯を守る会のファン
◆渓流沿いの露天風呂が好き
◆貸切風呂のある宿が好き
◆混浴ファン


[スポンサーリンク]








【日帰り入浴】

営業時間:10:00 ~ 14:00
料金:1,000円
バスタオルレンタル200円

アクセス

◆車
「浦和IC」から東北道「宇都宮IC」~宇都宮・日光有料道路「今市IC」下車~国道121号線、県道23号線鬼怒川~龍王峡経由3時間。ドラぷら
◆電車
浅草・北千住から東武線で「東武鬼怒川温泉駅」下車、日光市営バス・奥鬼怒女夫婦渕線「女夫婦渕行き」(90分)で「一柳閣前」下車。Yahoo!路線情報日光市営バス時刻表
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

【地図】

【川俣温泉 川俣一柳閣 日帰り入浴】

川俣温泉は鬼怒川を超えて奥鬼怒へ、

日光宇都宮有料道路「今市IC」から下道で2時間弱かかる秘湯です。

旧栗山村という平家落人の里の近くにあり、周囲は温泉宿が数件あるだけで、

民家もお店もほとんどありません。

 

今回は、さらに奥の奥鬼怒温泉郷の帰りに日帰り入浴で立ち寄りました。

川俣一柳閣17

ダム湖の川俣湖

川俣一柳閣16

川俣大橋を渡ればもうすぐ。

川俣一柳閣9

通り沿いに大きく「一柳閣」の看板が出ています。

川俣一柳閣10

旅館は鬼怒川の渓谷沿いに建つ鉄筋コンクリート7階建ての立派な建物です。

左は7階建てで露天風呂のある新しい棟、右は5階建てでフロント&内湯のある棟です。

川俣一柳閣8

宿の入口

秘湯の会の提灯ではなく「一柳閣」の提灯が掲げられていました。

川俣一柳閣22

フロントには秘湯の会の提灯があった^^

混浴露天はバスタオル巻OKなので、レンタルする場合には200円です。

川俣一柳閣23

ロビーは一昔前の豪華な温泉旅館といった雰囲気。

フロントのあるの建物は少々くたびれています。

川俣一柳閣27

でも景色は絶品です!

フロントは5階にあるのですが、眼下にはカーブして流れる鬼怒川と山の緑。

下に見えるブルーの屋根は湯小屋です。

客室からも露天風呂からもこの溪谷の景色を眺めることができます。

客室によっては混浴露天風呂の一部が丸見えのようです^^

川俣一柳閣25

館内の見取り図

秘湯のロケーションにしてはかなりの大型旅館ですね。

川俣一柳閣33

新しい方の「三雅館」客室の廊下はこんな感じ

 

川俣一柳閣のお風呂は、

  • 館内男女別大浴場(内湯)
  • 外湯の女性用露天風呂
  • 外湯の男性用露天風呂(一応混浴?)
  • 外湯の貸切露天風呂3つ

があります。

貸切風呂は予約不要で空いていれば入浴できます。

日帰りでも別料金はかかりません。

 

それではお風呂へ

【川俣一柳閣の露天風呂】

露天風呂はフロントとは別棟の建物の1階です。

エレベーターで降りて行きます。

川俣一柳閣47

屋根つきの通路があり、左は貸切露天3つ、右は大露天風呂と女性露天風呂です。

川俣一柳閣50

こちらは大露天風呂の脱衣所です。

男女兼用で脱衣棚のみ。

囲いがあるのでお風呂からは一応見えないようになっていますが、

男性が先に入浴しているとかなり入りにくいですね。

川俣一柳閣48

これが大露天風呂(混浴)です。15人サイズくらい。

岩風呂と石のタイル張りですが、風情があって解放感も抜群です。

川俣一柳閣49

奥のホースから源泉がそのまま投入されています。

 

浴槽の大きさの割にはそれほどの投入量ではないのですが、

源泉温度が68度と高いせいか、湯船の温度は46度はありました!

膝まで入っただけで、足が真っ赤っか(>_<)

 

加水用のホースがあるのですが、全然間に合わないです(T_T)

清掃直後だったからかなぁ。

冬だったらちょうど良い温度になっているのかもしれませんが。

川俣一柳閣52

でも、景色は最高ですよ!

この日はアブもほとんどいませんでした。

 

帰りにパンフを見て、ここが「男性露天風呂」とあったので唖然(*_*)

でも、タオル巻で女性が入るのはOKなので、やっぱり混浴と言うことで理解しました^^

 

【川俣一柳閣 女性用露天風呂】

続いて女性専用露天風呂へ。

 

女性用の露天風呂は屋根つきの通路を通って15mほど行かなければならないので、

淑女の方は一旦着替えてからの移動になると思います^^

川俣一柳閣54

こちらは女性専用露天風呂の脱衣所

川俣一柳閣56

混浴と比べるとちょっとちょっと地味な感じです。

10人サイズくらいです。

 

こちらも温度は45度くらいありましたが、

大露天風呂に比べるとお湯の鮮度があまり良くありませんでした。

底もちょっとぬめっています。

川俣一柳閣55

長いホースがあるのですが、浴槽が大きいので温くなるまで時間がかかる(>_<)

川俣一柳閣51

でも景色は最高です(^^♪

川俣一柳閣57

ベンチがあるので、一休みしながらぼーっと景色を眺めることができます。

 

*女性露天だけ源泉が別と言うサイトを見ましたが、

撮影してきた成分分析表にはありませんでした。

 

【川俣一柳閣 外湯の貸切露天風呂】

続いて個室の貸切風呂へ。

川俣一柳閣47

他にお客さんもおらず、掃除の方も館内に戻ったようなので、

タオルを巻いたまま移動^^

 

貸切風呂は3つあり、日帰りでも宿泊中でも入浴自由です。

中から戸の鍵をかければOKです。利用は1回30分以内で。

川俣一柳閣38

まずは桧木風呂から。

川俣一柳閣37

戸を開けると脱衣棚とベンチ

川俣一柳閣36

1~2人サイズの檜風呂がデーンとあります。

川俣一柳閣39

渓流側にはスノコ。

真水のホースと桶、椅子がありますが、シャンプー類はありません。

川俣一柳閣40

丸太をくりぬいた湯口からそこそこのお湯が投入されています。

小さいお風呂なので鮮度は抜群です!

でも、やっぱり45度はあります!

ホースを伸ばして2分ほど加水すると、42度くらいになりちょうど良くなりました。

 

滑らかなお湯で肌がすべすべします。

やっとお湯の良さに気付きました^^

お湯の味はほんのり石膏臭がしました。

川俣一柳閣41

個室でゆったりできて、景色も良く、この小さな桧風呂が一番気に入りました♪

川俣一柳閣42

2つ目の貸切風呂「小岩風呂」。1~2人サイズ。

下に鉄板がありますが、ジャグジーになっています。

川俣一柳閣43

こちらにも真水のホースがあります。

川俣一柳閣2

こちらは3つ目。洞窟風になっている「大岩風呂」3~4人サイズ。

掃除直後だったので、まだお湯が溜まっていませんでした。

 

日帰りは1,000円とやや高めですが、

貸切風呂も自由に利用できるのはポイント高いです♪

 

【川俣一柳閣 男女別内湯】

館内に戻り、大浴場は内湯のみ、男女別となっています。

川俣一柳閣28

脱衣所の入口にはビーナス像と胸像^^

川俣一柳閣29

脱衣所も窓が大きく、明るくて綺麗です。

川俣一柳閣7

女性用内湯

6人サイズでそこはタイル張り。内湯だけは循環ろ過併用だそうです。

温度は40度くらいで、ここだけは加水せずに入れます(*^_^*)

窓の外は渓流の景色が見えました。

 

【川俣一柳閣 温泉の感想】

 

秘湯らしからぬ立派な大型旅館でしたが、ロケーションと景色が最高です♪

 

夏場だからか、お湯は激熱でしたが、泉質もまずまず。

大露天風呂と桧風呂は特に気に入りました。

日帰り入浴でも接客は丁寧でした。

 

ただ、その時によって温度管理がされていないと、熱すぎて入れず。

せっかく遠くまで来たのに・・・・

と、がっかりしてしまうこともあるかもしれません。

 

泉質★★★★4.1

お風呂の雰囲気 ★★★★4.2

清潔感 ★★★★4.0

サービス★★★★4.3

 

川俣一柳閣の周辺にはあと2軒秘湯の会の宿があるので、

いずれ宿泊すると思います。

でも、買い手がいたら売ってしまうのかなぁ・・・独り言ですが。

 

【川俣一柳閣 温泉情報】

◆お風呂

男女別内湯各1 混浴露天風呂1 女性露天風呂1 貸切露天風呂3

◆源泉

自家源泉 (桂の湯と?) 動力揚湯 源泉温度68.6度 湧出量71.2L/分
泉質:ナトリウム―塩化物・炭酸水素塩泉
(低張性弱アルカリ性高温泉) ph7.9 成分総計1,094mg/kg
態様:源泉掛け流し、加水・加温なし(夏期は加水する場合あり)、塩素消毒なし

*内湯は循環ろ過併用、加水あり

 

川俣温泉 川俣一柳閣 宿泊予約サイト

 

→お問合せの前に*ネットでの宿泊予約が初めての方へ

*宿に直接予約・日本秘湯を守る会web予約以外での予約の場合、日本秘湯を守る会のスタンプ押印サービスはございませんのでご注意ください。

 

*ブログの内容は掲載時の情報です。

基本情報の変更がある場合もございますので、お出かけの際には施設にお問合せ下さい。

 



【川俣温泉周辺の関連記事】

奥鬼怒温泉郷までの道のり

奥鬼怒温泉郷 手白澤温泉 宿泊

奥鬼怒温泉郷 日光沢温泉 日帰り入浴

奥鬼怒温泉郷 加仁湯温泉 ホテル加仁湯 日帰り入浴

奥鬼怒温泉郷 八丁湯 宿泊&日帰り入浴プラン


[スポンサーリンク]




ブログ掲載の温泉 都道府県別
北海道 道南 道央 道北 道東
東北 青森県 秋田県 岩手県 山形県 宮城県 福島県
関東 栃木県 群馬県 埼玉県 茨城県 千葉県 東京都 神奈川県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
東海 静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 奈良県 和歌山県 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 大分県 熊本県 長崎県 宮崎県 鹿児島県
沖縄

 

TOP 更新履歴 グルメ&観光 YOUTUBE温泉動画
日帰り温泉 にごり湯 混浴のある温泉 温泉グッズ

「日本秘湯を守る会」、源泉かけ流しの日帰り入浴・宿泊の口コミが気になったら、「秘湯宿.com」で検索♪

>>「日本秘湯を守る会」の会員宿 全国一覧

>>全国の源泉掛け流しのある温泉

食事もおいしい「日本秘湯を守る会」会員宿 ご飯も美味しい厳選宿のランキングを更新しております♪





このエントリーをはてなブックマークに追加
(このページの訪問者は 6,831 人です, 本日の訪問者は1 人です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です